出会い最新体験談

毎日の通勤通学でよく見かける素敵な男性がいた場合、ただ見つめているだけでは、何事もなく終わってしまうかもしれません。勇気を出して自分からアプローチすることも、貴重なチャンスを活かす方法のひとつです。

出会いの形は色々・・・と思えど、見知らぬ人にアプローチなんて難しいですよね(;´∀`)

そこで、少しでもお近づきになれる「アプローチ方法」というのがあるらしいのでお話したいと思います。

・なるべく近くに座って視界に入る

まずは「いつも居合わせる人」として認識してもらうのが第一歩!

なるべく視界に入りやすいポジションにさりげなく居ることが大切な様です。

・さりげなく視線を送って会釈する

お互いに何となく「認識」しあっているなと感じたら、軽い会釈をしてみましょう。

相手も返してくれたら、存在を知ってくれているという事ですよね。

・「おはようございます」と挨拶を習慣化する

会釈をし合える関係になったら、挨拶をしてみましょう。

ちょっと勇気のいる行動ですが(;´∀`)

相手も返してくれたら、後は習慣化することがポイントだそうです。

・「よく一緒の電車になりますね」と見かけることを伝える

次に話すキッカケを作ります。

最初の第一歩としては「よく一緒になりますね」などが自然で話しかけやすいかと思います。

皆さんは毎日会う、名も知らない「あの人」と仲良くしたいと思ったことはありますか?

もし、現在進行形で居るという方は試してみては?

出会い体験最新版

「石橋を叩きすぎて壊すタイプだよね」

そう友達には言われていました(苦笑)

私自身もそんな自覚はありました。

慎重なのは良いけれど、ただ「臆病」なだけなんだと思い、

コンプレックスにもなっていた部分です。

慎重にならなくても良いのに・・・。

自分でそう自覚しているのに、石橋を叩きすぎ壊してしまうんです。

それが原因で、折角の出会いを台無しにすることもしょっちゅうでした。

自分の悪い癖はどうして治らないのか?

ちゃんと考えてみたいと思い始めたのは、

「どうしても実らせたい恋」があったからです。

自分の欠点に向き合うのって本当に辛いですよね。

目をそらしたい、見なかった事にしたい。

そんな気持ちに苛まれることもありました。

けれど「どうしても実らせたい恋」

が私を頑張らせてくれたように思います。

石橋を叩きすぎて壊してしまう原因は

「間違う事」

「恥をかくこと」

「周りの目を気にする事」

そういった事を恐れていたんだと気が付きました。

恐れない事も大切なんだ。

そう考え、私は「どうしても実らせたい恋」のお相手である彼に

思い切ってぶつかって行きました。

結果は惨敗(苦笑)

けれど後悔はしていません。

「恐れない」という事を教えてくれた彼には感謝しています。

最新記事

  • 毎日の通勤通学でよく見かける素敵な男性がいた場合、ただ見つめているだけでは、何事もなく終わってしまうかもしれません。勇気を出して自分からアプローチすることも、貴重なチャンスを活かす方法のひとつです。 出会いの形は色々・・ …

    出会い最新体験談